カレンダー日付選択フォームを簡単設置!jqueryUI datepicker【デモあり】

2014/04/07

by sayo

Tag : , ,

datepickerプレビュー

フォームを押したらカレンダーがピロっと出てきて、日付をカレンダーから選択できるフォームを、jqueryUIのdatepickerプラグインを利用して設置してみます。

まずはサンプルをご覧ください。

基本的に必要な作業は、必要なファイルをヘッダーで読み込んで、実行するためのjavascriptをちょろっと書いたら終了です。

ただ、jqueryUIはファイル数が多くて、どのファイルを使ったらいいか、わけわかんなくなっちゃう。必要なファイルさえわかれば簡単です。

あと、iphoneやAndroidなどスマホで、
日付入力フォームにカーソルをあわせると、
キーボードが出てきてカレンダーで日付を選択する邪魔になるので、
その対策もいれます。

必要なファイルをダウンロードする

サンプルと同じファイルをダウンロードする場合

まずは必要なファイルをダウンロードして設置します。

jqueryUIをダウンロードするとすごいたくさんのファイルがいっぱいあって、どのファイルを使ったらいいかわけがわからないので、
サンプルページで使っているdatepickerのファイル群は、
そのままここからダウンロードできます。
カラーテーマは無難そうなグレー色がベースの「overcast」を使っています。

公式ページからファイルをダウンロードする場合

上記にあるものは2014年4月現在の状態のものなので、
最新版をダウンロードしたい場合や、
別なカラーテーマを利用したい場合は、以下の方法で公式jqueryUIページからダウンロードしてください。

jqueryUIとは?
jqueryUI(ジェイクエリユーアイ)は、普通のjqueryをベースに、自分で作ったらとっても大変なアニメーションやウィジェットやユーザーインターフェースを、プログラムが苦手なウェブデザイナーでも簡単に設置できるようにしたjquery公式のツール郡です。
1,jqueryUI公式ページにアクセスする
2,テーマを選ぶ
ヘッダーメニューにある「Themes」を押す。

左にあるタブの「Gallery」を選択

カラーパターンがカレンダーで24種類表示されるので、好きな色の「Downroad」ボタンを押す

jqueryUIテーマ選択

3,ダウンロードする
必要な内容を選択してダウンロードできるようになっていますが、
なんかよくわからないので、全部選択したまま「Downroad」を押します。

必要なファイルを取り出す

ダウンロードしたzipファイルを展開します。

展開したjqueryUIフォルダ内必要なファイルは次のものです。
基本的には圧縮されたminifiedフォルダ内のものを使います。

minifiedとは?
minifiedとは通常版のファイルの改行とかをなくして容量を小さくしたファイルのことです。
ソースが改行がないために、くしゃってなってて読みづらくなっていますが、このようなライブラリファイルはアップデートしたら上書きするものだから、自分で変更しないことが前提なので、せっかくなら容量が小さいminifiedを使いましょう。
ソースの中身を理解したい場合は、minifiedでない通所版で中身を確認します。

■javascriptファイル

javascriptファイル(jsファイル)は以下の3つのファイルを取り出して使います。

  • jquery.ui.core.min.js(development-bundle/ui/minified内)
  • jquery.ui.datepicker-ja.min.js(同じくdevelopment-bundle/ui/minified内)
  • jquery.ui.datepicker.min.js(development-bundle/ui/minified/i18n内)
    ※日本語変更用ファイルなので英語のままでいい場合は不要。

他jqueryライブラリファイルが必要となります。

googleで公開しているjqueryライブラリを使ってもいいですが、
パフォーマンス(サイトの読み込み速度)が落ちるので、大規模なサイトでは、jqueryライブラリファイルは自分でサーバー内にアップして読み込んだほうがいいかと思います。

■CSSファイル

cssファイルは以下のひとつのファイルと同じ階層にあるimagesフォルダを取り出して使います。

  • jquery-ui.min.css(development-bundle/themes/overcast/minifiedフォルダ内)
  • imagesフォルダ(development-bundle/themes/overcast/minifiedフォルダ内)

headでファイルを読み込む

jqueryライブラリと、さきほど準備したファイルをhead内で読み込みます。

<link rel="stylesheet" href="css/jquery-ui.min.css" />
<script src="js/jquery-1.11.0.min.js"></script>
<script src="js/jquery.ui.core.min.js"></script>
<script src="js/jquery.ui.datepicker.min.js"></script>
<script src="js/jquery.ui.datepicker-ja.min.js"></script>

HTMLを書く

HTMLで必要なフォームを書きます。

<form action="" method="post">
<input type="text" name="date" id="date" readonly="readonly" >
</form>

押したらカレンダーを表示したいフォームに「id=”date”」のようにidで名前づけしておきます。

iphoneやandroidなどのスマートフォンでdatepickerを使うと、
フォーム内にカーソルがあたるとキーボードが立ち上がるため、
カレンダー選択しにくくなります。

そのため、フォームに readonly=”readonly” を入れて読み取り専用にすることで、キーボードを立ち上がらないようにして、日付選択しにくくなるのを解決しています。

javascriptで実行する

このidのとき、datepickerを実行するというjavascriptを設置します。

4行目で、年月日の順番を日本人に馴染みやすい順番に変更します。
(デフォルトでは15-12-2014みたいな並びになってます)

<script type="text/javascript">
$(function() {
	$('#date').datepicker({
		dateFormat: 'yy-mm-dd',//年月日の並びを変更
	});
});
</script>

これでdatepicker設置完了です!

複数フォーム設置したい場合

開始日〜終了日みたいにフォームを複数設置したい場合は、

HTMLはid名とnameを別な名前にして設置すればいいです。

<form action="" method="post">
from<input type="text" name="date_from" id="date_from"  readonly="readonly" >
to <input type="text" name="date_to" id="date_to" />
</form>

javascriptもHTMLでつけたid名でdatepickerを実行するように、
複数設置すればいいです。

$('#date_from').datepicker({
	dateFormat: 'yy-mm-dd',//年月日の並びを変更
});
$('#date_to').datepicker({
	dateFormat: 'yy-mm-dd',//年月日の並びを変更
});

dateFormatの記述の下に以下のように
オプションを追加することもできます。

複数月のカレンダーを設置する
numberOfMonths: 2,

カレンダー下部に閉じる・今日ボタン設置
showButtonPanel: true,

アイコンをトリガーにする
showOn: “button”,//アイコンをトリガー
showOn: “both”,//フォームとアイコンを両方トリガー

datepickerのオプションはこちらのサイトが詳しいです↓
参考:js.studio

関連するコンテンツ

コメント

コメントを残す

この記事と同じ , , に関する記事です。お役に立ちそうなのはどれですか?

広告

気になる単語をサイト内検索できます

この記事と同じカテゴリ: css javascript・jquery フォーム

>> 記事一覧を見る(TOPページ)