ダイエット【痩せる運動】のやり方・効率的なタイミング

2016/05/15

by sayo

Tag : ,

ストレッチ

ダイエット用エクササイズDVDについて私なりの痩せる運動方法をご紹介します。

正直、最も痩せる運動はウォーキングだと思っています。ですが、なかなか雨や花粉や日焼けが気になって、外でウォーキングできないこともありますので、効率的な室内でのエクササイズ用DVDを利用した運動方法や運動するタイミングについてまとめました。


運動するタイミング

朝食

痩せやすい運動のタイミングは、食事前の空腹時です。

胃袋が空っぽでの状態で運動すると、体についている脂肪を使ってエネルギーにします。

空腹時の運動が最も痩せる!

特に朝食前は、寝ている間は長時間食べていない状態なので、運動を行うと、もっとも脂肪燃焼しやすくなります。

ただし、長時間の激しい運動は危険かと思いますので、5〜20分程度の軽い運動に済ませたほうがいいです。

朝から疲れるほどの運動をすると、昼すぎには眠くなっちゃいますしね。


朝の運動は1日のウォーミングアップ程度にすると、朝から活発に活動でき、代謝があがり
、お仕事もサクサクはかどって、ダイエットだけでなく、いろんな面でメリットがあります。

朝から元気に活動すると、代謝も上がり痩せやすいです。

足の裏を使う運動が目覚めやすい

私の体感ですが、足の裏をよく使う運動、歩くとかステップを踏む運動が最も目覚めやすく、朝から活動的になれるように思います。

イージードゥダンササイズの下半身集中編のサム編を朝にやるのが特にいいです。

怪我を招かないようにするため、必ず運動前のウォーミングアップと運動後のクールダウンも行って下さい。

でないとしばらくしてからどこか痛くなるなど怪我をします。

朝から次のようにイージードゥダンササイズのメニューをやると、ちょうど20分くらいです。

  1. ウォーミングアップ 5分
  2. サムのゆっくり編と早い編(エクササイズ1)10分
  3. クールダウン 5分

これが朝に出来た日はいつも以上に活発に動けていい感じになります。

専門のDVDを買う

DVD

ダイエットDVDマップに記載しましたがダイエット用エクササイズDVDにはそれぞれ違ったダイエット効果があります

どれか一つをずっとやり続けるというよりは、「よし、昨日筋トレしたから今日は有酸素運動で脂肪燃焼しよう」「正しい姿勢で運動できるように骨盤中心の運動しよう」とか自分でも目的を明確にしながら運動をすると、今自分がどれをやるべきか、どれが楽しめるか選びやすくなります。

余裕があれば、ストレッチはストレッチ専門のDVD、骨盤矯正は骨盤矯正用のピラティスや骨盤ヨガを購入しておいたほうが、飽きたりせず、その日の体調や時間に合わせた運動を選ぶことができ、効果も高いし、解説が丁寧です。

専門のDVDのほうが正しく運動でき、ダイエット効果が高い

ストレッチは特にケガをしないために重要です。運動後のストレッチは、イージードウダンササイズに付属しているクールダウンでもいいですが、時間のあるときは、ストレッチ専門のDVDでしっかりと伸ばしてあげたほうがしばらくしたら痛くなってきた・・というケガを防ぐことができます。

ダイエット用DVDの選び方はこちらの記事をご覧ください↓
痩せる運動は?【おすすめ】ダイエットDVD


いろいろな運動を混ぜる

バランスボール

いろいろなDVDを持って、いろいろな運動を混ぜて行うと、いろいろなメリットがあります。

飽きない

飽きっぽい方にとって「飽き」は最大の敵です。飽きないように、いろいろな運動を行うと、飽きが来にくく、楽しく、長く続けられます。

筋肉の回復を助ける

毎日同じ運動をしても、筋肉は増えにくいです。

年をとるにつれ、運動で刺激されて疲労・破壊された筋肉はすぐに回復しなくなります。

あえて、同じ運動は1日おきや2日おきにして、
異なる運動を間にいれることで、筋肉の回復を助け、効率よくバランスのいい筋肉をつけていく
ことができ、痩せやすくなります。

効き目を理解しやすい

いろいろな運動をやると、どの運動をやると、どこに効いているのか、効果がわかりやすくなります。

例えば、ピラティスで体の中心の筋肉を鍛えておくと、イージードゥダンササイズやカーヴィーダンスをやるときに、軸がブレずに、骨盤をしっかり立てた正しい姿勢でできてることを感じます。

クローディアで使った筋肉は、ストレッチのDVDでしっかり伸ばせていることを実感できるようになりました。漠然とストレッチしていたときと違い、どこを伸ばしたいのか自分でわかるようになり、疲れにくくなりました。

バランスボールエクササイズをして、次の日にピラティスをやると軽々とできるようになります。

それぞれの運動はそれぞれに補完しあって、どこの筋肉がどういうときに使われるのか、どこを意識したら正しい運動になるのか理解できるようになり、より良い運動をできるようになります。

どの運動が効きますか?」と効かれれば、どの運動でもDVDでも続ければダイエット効果があります

目的がそれぞれ違うだけです。

だから、自分が今、脂肪燃焼したいのか、アウターマッスルで絞った体にしたいのか、骨盤を整えたいのか、むくみをとってスッキリしたいのか、具体的な目標を明確にして、一つの運動をひたすらやるのではなく、いろいろな運動をすることで、バランスのとれた体つきになっていきます。

ダイエットDVDマップに記載しましたが、どの運動でもダイエットには効果がありますので、どのぐらいの運動強度が自分に合うのか、雰囲気や解説はどういうものがいいのかを選べばいいと思います。

どの運動でもダイエット効果はあるので、レベルに合わせた運動強度と好みの雰囲気で選ぶ


運動の順番

筋トレ

筋トレ後に有酸素運動を行うと脂肪燃焼しやすくなります。短時間でも、できるだけ筋トレ後に有酸素運動を行うようにします。

筋トレ後に有酸素運動すると脂肪燃焼しやすい

そのため私の場合は、時間があるときは、次のように運動しています。

パターン1
  1. 筋トレ:クローディアシファー 20〜30分
  2. 有酸素運動:イージードゥダンササイズ 10〜20分
  3. ストレッチ100 10〜20分
パターン2
  1. 筋トレ:バランスボールエクササイズ中級編 15分
  2. 有酸素運動:イージードゥダンササイズ 10〜20分
  3. ストレッチ100 10〜20分

このように筋トレ後に有酸素運動を行うと、脂肪燃焼しやすくなります。

とにかく外にでるのが嫌いな私には、徹底的に有酸素運動できるイージードウダンササイズは貴重なDVDです。

ダイエットでは運動の効果を短期間で出すことは難しいですgあ、このように、運動のタイミングや種類を意識すると、少ない運動量でも効率的に短期間で運動の効果がでやすくなります。

私がダイエットに成功した方法も本気でダイエットしたい方の参考になればと思います。
短期間ダイエット方法!私が1ヶ月半で7キロ健康的に痩せたやり方!成功のコツ。

関連するコンテンツ

コメント

コメントを残す

この記事と同じ , に関する記事です。お役に立ちそうなのはどれですか?

広告

気になる単語をサイト内検索できます

この記事と同じカテゴリ: ダイエット 美容

>> 記事一覧を見る(TOPページ)