ゴルフのギャラリー見学のルール。服装・注意点

2016/12/05

by sayo

Tag : ,

ゴルフ

ゴルフのギャラリー見学に行ってきました。私はゴルフはやらないのですが、チケットを頂いたので、せっかくなので生の石川遼くんを見に行ってきました。

私が行ったのは第53回ゴルフ日本シリーズJTカップ 。一年間の日本ツアーの最強ゴルファーを決める大会です。朴相賢選手が最後の18ホールでアッパレともいえるチップインを見事に決めて、逆転優勝しました。

ギャラリー見学には子供からシニアのかたまで様々な方が来ていました。

お祭りのようにお店やテントやプレゼンがあったりして、ゴルフをやったことがない私でも、抽選イベントに参加したり、試食品を食べまくったりして楽しませていただきました。

ゴルフは紳士のスポーツなので、騒いだりしてはいけないし、相応しくない服装など、見学のルールがあるので、ゴルフをやっている人なら当たり前だけど、ゴルフをやらない人がギャラリーとして行く前に知っておきたいことをまとめました。

ギャラリーのルール

静かに

静かに!

プレイヤーがボールを打つためにプレイに入るときは、気を散らさないように、静かにしなければなりません。

スタッフがQuiet!の札をあげたり、ボールが近くに飛んできたりするので、そろそろおしゃべりしちゃダメだなっていうタイミングがわかるので、その時は静かにしましょう。

もちろん、カメラも音が出たりするので、プレイに入るタイミングでは写真もやめたほうがいいです。

ヒール靴禁止!

芝生に穴を開けてしまうことになるので、ヒールの靴は禁止です。

というか、かなり広い芝生をひたすら1日中あるくことになるので、ヒールは絶対無理です。死にます。

東京よみうりカントリークラブはとくにアップダウンが激しいそうで、ほぼハイキングでした。

アップダウン

服装のポイント

ヒール靴禁止以外は、ギャラリーの場合は厳しいルールはありません。

でも、柄が悪い格好は相応しくないので、できればゴルフ場に相応しい、品のいいアウトドアファッションが望ましいでしょう。

私はゴルフ行ったことないので、はじめてのゴルフ場だったので、ジャージに見えなそうなジャージで行ってみたら、他のギャラリーのみなさんはもう少しオシャレでした。

プロゴルファーさんたちと共に、芝生などの山道を、かなり歩くことになるので、歩きやすい靴のほうがいいです。

JTカップは12月で寒いので、かなり厚着をして行ったら、かなり暑くて汗をかきました。

脱ぎ着しやすい格好が良さそうです。

JTカップ感想

みごとな松

私が行った53回JTカップは、東京よみうりカントリークラブ 。で行われました。

東京から最も交通の便が良いといえるゴルフ場です。

アップダウンの激しいゴルフ場なので、しっかり歩ける体力が必要です。

チケット

私はたまたま前売り券を頂いたのですが、普通にネットで購入しできます。

チケットは4000円前後です。前売りのほうが安いです。

当日券も普通に売ってたので、当日でも気軽に見に行けるようです。

気になる選手がいたり、ハイキング気分に気晴らしに歩きたい!ってときにも気軽にギャラリーとして行けそうです。

行き方

新百合ケ丘などの駅から、ギャラリーのための臨時バスが出ています。

想像以上に多くのギャラリーがいるようで、バスはドンドン満員になり、10分後くらいにはもう次のバスがきました。

ぎゅうぎゅうの臨時バスで15分ほど走ると、ようやくよみうりカントリークラブに到着です。

見方

プレイヤーは1ゲームで18ホールを、1ホールから順に、一日かけてボールを入れてまわります。

東京よみうりカントリークラブコース

その敷地はとにかく広い!
プロの場合はカート移動しないので、めちゃくちゃ歩きます。

プレイしてる時間より歩いてる時間のほうが長いです。

コース

4日間の組み合わせは、スコアが悪い順から、3人一組になり先にスタートしていきます。

スコアがいい人は遅い時間にスタートしていきます。

8時頃から10分おきに、11時頃にかけてスタートしていきます。終わるのは15時すぎになります。

スタート順やスコアは大会の公式サイトなどで更新されています。

コース内の所々にボードがあり、今はどの組がどの辺にいるのか、わかるようになっています。

目的の選手がいる場所を確認して、先のコースに先回りして待ち伏せると効率的です。

石川遼くんは特にギャラリーが多く、石川遼くんと一緒にコースを回っている方が多かったです。

石川遼くん

石川遼くんはなるほど確かに、華があってカッコよくてオシャレでした。

食事

選手たちはお昼ごはんをたべずに朝から夕方までプレイするそうですが、我々ギャラリーは腹が減ります。

クラブハウス周辺では、ギャラリー用の軽食屋さんが並んでいます。そばやラーメン、焼きそばやたこ焼きなどの軽食を買うことができます。値段は普通です。

飲食店

テーブルもたくさんあるし、そのへんの芝生もあるので、のんびり食事できます。

テーブル席

おにぎりを持ってきておくと、クラブハウスから遠いホールでお腹がすいたときでも、そのへんのコース外の芝生でおにぎりでお腹を満たせるので便利です。

JTグループの大会なので、冷凍のからあげを試食できました。

抽選会やお買い物

抽選会などもいくつか行われていて、楽しく参加させていただきました。

ゴルフ用品なども安いようなので、ゴルフ好きの方は、お買い物も楽しいかもしれません。

サインをもらおう!

プレイ終了後の終了式後、コースから選手たちがクラブハウスに続々ともどってきます。

クラブハウスに入る前に、サインに応じてくれる選手もいます。

選手会長の宮里優作選手(宮里 藍選手のお兄さん)は、遅くまで残ってとても丁寧に全員のサインに応じてくれていました。

普段はこういう場では尻込みしてしまう夫でさえも宮里優作選手からサインと握手をいただくことができました。

日本ゴルフシリーズチケット 宮里選手サイン

とっても素敵な記念になりました。宮里選手ありがとうございます。

サインをもらいたいものやサインペンを持ってきておくとスムーズです。

まとめ

ゴルフをやったことがない私でも、テレビで見るスター選手たちをたくさん見れて、あのプレイの緊張感を味わえて、楽しかったです!

東京よみうりカントリークラブなら、比較的足を運びやすいそうなので、ハイキングがてらのイベントとして、また行ってみたいと思いました。

関連するコンテンツ

コメント

コメントを残す

この記事と同じ , に関する記事です。お役に立ちそうなのはどれですか?

広告

気になる単語をサイト内検索できます

この記事と同じカテゴリ: おでかけ 国内旅行

>> 記事一覧を見る(TOPページ)