エンパイアステートビルに登った口コミ評判!NYシティパスチケットで入場・混雑

2017/01/25

by sayo

Tag : ,

エンパイア夕方

アメリカ・ニューヨークのエンパイアステートビルに登ってきました。

ニューヨークに行ったら登っておかないと!と言うスポットです。正直、景色がすごく良いと言う印象もありませんでしたがとても良い記念になりました。

私が行ったのは2017年の1月半ばの昼。ニューヨーク旅行では寒くて最も空いている時期です。
その混雑具合や、行き方など詳しく書いておきます。

エンパイアステートビルとは?

キングコング

エンパイアステートビル( Empire State Building)はニューヨークのシンボル的な超高層ビルです。

102階建てで、高さは443.2m。

第二次世界大戦前の1931年にわずか2年で完成したビルです。

1933年の映画キングコングのゴリラ型怪獣がエンパイアステートビルの上で暴れるシーンでも有名です。

ちなみに、地震大国の日本ですが、日本一高いビル・あべのハルカスが60階建て、高さ300mが2014年完成です。アメリカは戦前にこんなビルを建てていたんだと思うと、圧倒的な権力の強さを見せようとするアメリカ企業の姿勢や裕福さは底が知れません。

観光シーズンの特に夜には、混雑も有名なようで、2時間以上待ちも覚悟する必要があるようです。私は最も空いている1月の昼に行ったのでスイスイで待ち時間ゼロでした。

チケットを買う

ニューヨークシティパス

私は、 ニューヨークシティーパス(New York City Pass)のバウチャーをあらかじめネットで購入していきました。

ニューヨークシティパスは、ニューヨーク市内の3〜6つの観光スポットの入場券をまとめた冊子です。各スポットで、チケットを購入する手間がかからなくて、優先的に入場できるのでとても便利なチケット冊子です。

エンパイアステートビルでは、かなり混むと聞いていたので、シティパスバウチャーは、あらかじめ比較的空いているメトロポリタン美術館でチケット冊子に引き換えを完了させておきました。

メトロポリタン美術館で、シティーパスバウチャーをチケット冊子に引き換える際に、今日メトロポリタン美術館に入るかどうかを聞かれました。チケット冊子に引き換えた当日に必ずしも入場しなくても良いようです。混雑シーズンはどこかで先にチケット冊子に引き換えておくのも効率的かもしれません。

行き方

ニューヨークの地下鉄

私はエンパイアステートビルには、メトロポリタン美術館を見た後に、少し歩いて地下鉄6番線で行きました。

タイムズスクエアからは徒歩で15分程度です。

エンパイアステートビルのすぐ近くに行っても、道路が狭いのに他のビルも高すぎてエンパイアステートビルの姿はどこにも見えません。
日照権などの規制はないのかな。

入り口にはライフルを持った警察官が立って警備していました。

住所
参考:エンパイア・ステートビルの行き方|公式

住所:17-25 W 29th St, New York

ロビーからエレベーターまで

エンパイアステートビルのロビー

私が行った1月は最も空いている時期なので、全くこむこともなく、待ち時間ナシですぐにエンパイアステートビルのチケット売り場にも着いたし、すぐに展望台に登ることができました。

しかし、チケット売り場や、エレベーターに行くまでが、かなりぐねぐねとわざと曲がりくねさせており、展望台に登るまでのエレベーターへの通路がかなり長かったので混雑シーズンの恐ろしさを物語っていました。

その通路の長さは、公式サイトにある動画 で体感できます。

展望台は2つある

エンパイアステートビルの展望台は、86階のメイン展望台と、102階のトップ展望台の2つあります。

ニューヨークシティーパスでは、86階のメイン展望台まで行くことができます。
トップ展望台に行くためには追加料金が必要になります。

CSIニューヨークやゴシップガールやセックスオンザシティなどの米ドラマでよく見るニューヨークの夜景はエンパイアステートビルが印象的です。
エンパイアステートビルの展望台からは、当然エンパイアステートビルは見えないので、ニューヨークの夜景と言う印象はかなり薄いし、他のビルもすごく高いので大して長め自体はよくないです。

「あのエンパイアを制覇したぜ!」みたいな記念として登っておこう、という感じ。

ロックフェラーセンターのトップオブザロックと言う展望台からニューヨークの夜景を見た方が、エンパイアステートビルが見えるのでおすすめです。トップオブザロックのほうが、北側のセントラルパークの景色も見ることができます。

メイン展望台

メイン展望台室内

メイン展望台は、室内で、大して大きくもないガラス張りになっており、景色がすっごく良いと言う感じあまりはありません。

東南西の景色は見えるのですが、北側はお土産ショップになっており、セントラルパーク側の景色は一切見ることができません。

南側の景色です。

エンパイア南側の景色

↓東側の景色はブルックリンです。マンハッタンがいかに異常に建物でごったがえしているかわかります。ウロコみたいな姿が印象的なクライスラービルは、東側の窓から身を乗り出してなんとか何とか見える程度です。

エンパイア東側の景色

↓北側。北側にはおみやげショップがあり、セントラルパークなどの北側の景色は見ることができません。

お土産ショップ

北側の景色が見れないのは残念ですが、ニューヨークにあるお土産屋さんのものは、Tシャツもなかなか手頃だし、割と使えるお土産が売っていて、お土産のセンスがいいなと思いました。

エンパイアステートビルのメイン展望台からは、ニューヨークのシンボルと言えるような建物が基本的にほぼ見えないし、他のビルもすごく高いのでエンパイアだけが高いわけではないので、単純に景色だけで言えばおすすめとは言えません。

ですが東京に観光にきて、東京タワーやスカイツリーに上らないようなものなので、記念に登っておくと言う気持ちで登っておくって感じでした。

まとめ

単純に景色だけで言えば、エンパイアステートビルやセントラルパークを、屋外展望台から見ることができるトップオブザロックの方がオススメです。

ですがやはりエンパイアステートビルに登る事は誰しも憧れることだと思います。

観光シーズンはかなり混むそうなので、できればチケットはあらかじめシティパスなどで購入しておいて、昼に登っておきたいところです。

関連するコンテンツ

コメント

コメントを残す

この記事と同じ , に関する記事です。お役に立ちそうなのはどれですか?

広告

気になる単語をサイト内検索できます

この記事と同じカテゴリ: ニューヨーク 海外旅行

>> 記事一覧を見る(TOPページ)