The VIEW(ザ・ビュー)ホテルに宿泊しました!モニュメントバレー|ラスベガスから小旅行!

2013/12/20

by sayo

Tag : , , ,

アメリカのモニュメントバレーにあるThe VIEWホテルに宿泊しました!

モニュメントバレーのザ ビューは部屋数が90部屋しかないので、なかなか宿泊できない人気のホテルです。

私は3ヶ月前から、ネバダ観光サービスさんの、一泊二日欲張りツアーを予約して、宿泊することができました。

景観を壊さない外観

外観も平べったくて景観を壊さない感じで素敵です。

夕日はロビーの窓側から見えます。

反対のメサ側は崖になってます。

THE VIEWと朝日

ここから朝日を見ます。

ナバホ風の内装がかわいい!

ロビー

中に入ったら、まずロビーが現地のナバホ族風でかわいさテンションMAXになります。

ナバホの音楽や、暖炉に火がパチパチと音をたてていて、ゆっくりできます。

親切な部屋♡

部屋

部屋にはいるとまたまた可愛さMAX!

部屋から見えるモニュメントバレー。
最高です!

部屋のベランダから、モニュメントバレーを見ながらコーヒーを飲めます。

ベランダ

あのメサと呼ばれる大岩(ナバホ族の言葉らしい)ひとつひとつは300mほどの高さがあります。
東京タワーくらいの高さの岩?があちこちに点々とあるんです。

私は、実はあまり期待してなかったモニュメントバレーなんですが、近くにくるととっても大きくて、幻想的です。

一生の最高の思い出です!来てよかった!

部屋の設備

水回り

部屋の設備は思ってた以上によかった!
(もちろん日本のホテルほどたくさん揃ってるわけじゃないですが。)

あって良かった設備

  • 電子レンジ(何もない場所だからこその設備なんでしょう。)
  • 冷蔵庫(ラスベガスのストリップ沿いのホテルの冷蔵庫とちがって、冷蔵庫の中はガランとしています。ほんとにお好きにご利用ください、という感じ)
  • コーヒーメーカー(カートリッジ式のコーヒーメーカーです)

アメリカのホテルには↓の設備がないから、絶対持っていきましょう。

  • 寝巻き(バスローブさえありません)
  • 歯ブラシ
  • スリッパ
  • 保湿剤(砂漠なので超乾燥する)
  • マスク(乾燥してるから個人的に絶対必須)

なので、アメリカ旅行時に必ず必要なものは、そのままThe VIEWでも必要です。The VIEWだからこれは必要っていうのはありませんでした。
アメリカ的にはしっかりアメニティも整ってます。

しいて言うなら、冬なら、夜に星を見に外出するとき、寒いので防寒とマフラーとマスクが必要です。
のどに突き刺さる乾燥と寒さをマスクでカバーします。

私が行った12月半ばのモニュメント・バレーは、昼は2℃前後。夜はマイナス5℃前後

「忘れ物はありませんか?」的な内容が書いた紙が洗面所においてあったり、
コーヒーメーカーのところには「必要なものがあればなんでも言ってください」的な内容の紙が書いてあったりして、
英語だけど、スタッフの心遣いが見えてほっとしました。

お土産屋さんは閉店早いからお早めに

THE VIEWについたら、お土産屋さんが18時頃に早めに閉まってしまうので、先にお土産を見たほうがいいです。

ヨガやストレッチ好きな姉は、ホテルロビーで流れていたナバホ音楽のCD・Blue Moon Dancing
を購入しました。
とてもリラックス効果が高い、いかにもインディアンといった笛や太鼓の音がゆったりと流れます。

レストラン

それから、ホテル内のレストランで食事。

ガイドさんにおすすめをきいて、英語が苦手な我々は、ガイドさんに注文までしてもらっちゃいましたww

夕食

タコスの3種盛り合わせ
本場のタコスが食べられます。

タコスの3種盛り合わせです。(現地ではタコスじゃなくてタコと言う)。

結構量が多いです。サワークリームやサルサソースをお好みでつけて食べます。

タコ生地は、日本で食べるのっぺりした生地と違って、フワフワ感があり、どちらかというと焼きたてのナンに近いかもしれません。でもナン独特の臭みはありません。

ナバホチキンスープ(Navaho Chicken soup)
名物らしいですが、味がほとんどしません。

塩コショウをかけないと無理です。

マトンスープ
マトンの味しかしません。

塩コショウをかけないと味がありません。

揚げタコス
シナモンとハチミツをかけて食べます!揚げパンみたいでおいしいです!

それぞれのメニューに普通のタコ生地と具が多めのミネストローネがついてきます。
すごく量が多いので、食べ切れません

スープなど、味があまりしないものは、テーブルにある塩とコショウをかければ大丈夫です。

ガイドさんが言うには、お店のスタッフのホールの男の子はとっても忘れっぽい子だそうです。
忘れるのはよくあることだそうなので、くじけずに何度も言ってみてください。ご愛嬌ということで。

食べきれなかったら、お持ち帰りパッケージをもらいましょう

「take out package please.」とか言えばいいです。なんとなく通じます。

自分で詰め込み、明日の朝ごはんにします。
スプーンやフォークはレジでお会計時にもらいます。

部屋には冷蔵庫と電子レンジがついているので、明日の朝に、温めて食べることができます。

レストランは朝にも営業してるので、朝食はレストランでも大丈夫。

それでも足りなそうなら、売店があるので、サンドイッチやコーヒーを買えます。
たぶん売店も遅くまで営業してないと思うので、お早めに欲しいものは購入したほうがいいです。
とはいっても、サンドイッチ、水、コーヒーしか売ってませんが。

私達はちょうどレストランの朝食時間と朝日の時間がかさなったため、
朝食は部屋でサンドイッチを食べることにしたので、
サンドイッチを購入しておきました。

サンドイッチは具だくさんで、全粒粉のパンで美味しかったです!

星空は宇宙にいるみたい!

夜は星がすごくきれいでした!
天の川が2本も見えた感じがします。
星雲みたいなのもぼんやり見える感じで、直接宇宙を見てるようです!

星座を照らし合わせられるアプリとか使ったりして、楽しみましたが、なんか少しズレてたし、
星が多すぎて、全然どの星座か判断つきません!

ただ、しばらくしたら、月が出てしまい、星が少なくなってしまいました。
星が出てるうちに楽しんだほうがいいです!

朝食

真っ暗なうちに起きる

朝は朝日が7時半前後だったので、レストランで朝食をとる時間は厳しいと思い、前日のうちにサンドイッチを買っておきました。

真っ暗なうちから起きて、
前日の残り物もレンジでチンして、コーヒーを沸かして、お部屋でいただきます!

朝食

とても美味しいサンドイッチ!

朝日でバレーが真っ赤に染まる!

だんだん明るくなって来たら、テラスに移動して、朝日を眺めます。

多くの観光客がテラスにでています。

部屋からはりっぱなカメラを構える人たち。

時期的に目の前のメサが赤く染まりませんでしたが、遠くのメサが真っ赤!

朝日に染まるメサ

毎朝こんな美しい光景が繰り広げられているんですね!

さて、戻ったらチェックアウトの準備です。

8時55分にネバダ観光サービスさんとロビーで集合。

ゆっくりできた素敵な時間でした。

このあと、ナバホ族ガイドと一緒でないと入れないモニュメントバレーツアーへと向かいます。

>> アンテロープキャニオン、モニュメントバレー、グランドキャニオンを一泊二日で巡る欲張りツアーに行ってきました!

よろしければこの記事と同じ 「おでかけ」「ラスベガス」「旅行」「食べ物」 に関する記事も読んでみてください!
>>「おでかけ」に関するサイト内検索結果
>>「ラスベガス」に関するサイト内検索結果
>>「旅行」に関するサイト内検索結果
>>「食べ物」に関するサイト内検索結果

この記事と同じ , , , に関する記事です。お役に立ちそうなのはどれですか?

広告

コメント

コメントを残す

こちらの記事も読んでみてください!

気になる単語をサイト内検索できます

この記事と同じカテゴリ: おでかけ ラスベガス 旅行 食べ物

>> 記事一覧を見る(TOPページ)