エルタブラオデカルメン(El Tablao de Carmen)でフラメンコ観賞の公式予約・購入方法|スペイン村 バルセロナ スペイン

2015/03/18

by sayo

Tag : , ,

エルタブラオでカルメンのフラメンコ

スペインのバルセロナ市内のモンジュイックの丘のスペイン村内にあるエルタブラオデカルメン(El Tablao de Carmen)でフラメンコを見ました。

スペイン村も同時に回れて、食事内容もスペインを凝縮した感じでとても満足しました。

行き方や公式予約の方法、口コミなど詳しく書いておきたいと思います。

エルタブラオデカルメンとは?

エルタブラオデカルメン(El Tablao de Carmen)はバルセロナ市内でフラメンコのタブラオ(フラメンコショーをやっているお店)です。

食事を食べながらフラメンコを楽しむことができます。

参考:El Tablao de Carmen Amaya公式HP(英語)
フラメンコの本場ではない

フラメンコはバルセロナが本場ではありません。フラメンコ自体はアンダルシア地方などもっと南の地方の文化ですが、バルセロナで手軽に楽しめます。

音楽やダンスの技術は私にはよくわかりませんが、フラメンコってこういう感じか―というのを楽しむには良かったと思います。

エルタブラオデカルメンは、スペイン村というちゃんとした施設内にあるショー施設なので、たぶんちゃんとしたフラメンコだと思います。

いろいろ口コミを見て、El Tablao de Carmenは、施設の感じも、ダンスの質も無難そうだったので、ここにしました。

場所

エルタブラオデカルメンはモンジュイックの丘内のスペイン村の中にあります。

■スペイン村

スペイン村(POBLE ESPANYOL)は、スペイン中の有名な建築物を1箇所にあつめたテーマパークで、各建築物は、ほぼ原寸大で再現されているそうです。

アンダルシアの白い街並みなどの街歩きをここで体感できて、デートにぴったりな素敵な場所です。

各建築物や街並みは違和感なく融合されており、別な街並みにすんなりと入り込みます。

日本でも世界の有名建築物を堪能できる東武ワールドスクエアがありますが、それとは違うコンセプトですので単純に比較できるものではありません。

そのアンダルシアの白い街並みの中にエルタブラオデカルメンがあります。

参考:スペイン村公式ページ(英語)

フラメンコを予約購入する

公式ページにアクセス

↓まずはTablao de Carmenの公式予約ページにアクセスします。

参考:El Tablao de Carmen公式予約ページ

予約内容の詳細を選ぶ

↓の予約ページにアクセスしたら、各項目の予約内容の詳細を選んで、「NEXT」ボタンを押します。

予約画面

予約日時のポイント

時間に関しては、基本的に1日で19時~と21:30~の2回公演が行われます。

ショーの所要時間は1時間です。

木曜日移行の週末であれば、同じモンジュイックの丘の、すぐ近くのカタルーニャ美術館の前の噴水ショーが行われます。

早い時間のフラメンコショーにすれば、そのまま噴水ショーをゆっくり楽しむことができますのでおすすめです。

噴水ショーのスケジュールはこちら

メニューのポイント

飲食メニューは次の3つのコースのどれかを選びます。

  1. Carmen Menu 70 €(フルコース)
  2. Tapas 52 €(タパスの軽食)
  3. Drink 41 €(ドリンクのみ)

予約ページの下に詳細な食事内容のメニュー記載があるので、どのコースにするか参考にします。

食事の感想についてはこちらこちらに詳しく書きましたので、参考にしてください。

名前などを記入する

名前やメールアドレスを入力し、「NEXT」を押します。

電話番号は、日本の電話は+81をつけて、最初の0を外して入力します。

09012345678の電話番号なら → +819012345678 になります。

名前入力画面

予約内容を確認する

予約内容を確認して、問題なければ「CONFIRM(確認)」を押します

確認画面

クレジットカード情報を入力する

クレジットカード情報を入力して、送信ボタンをおします。

クレジットカード情報入力画面

予約完了メールを受信

予約完了メールを受け取ったら、予約完了です。

Tablao_de_Carmen_reservation

印刷して持っていく必要は基本的にはありませんが、念のため、印刷して持っていくと安心です。

スペイン村に行く

スペイン村

何気にスペイン村自体がすごくよかったです。

とてもロマンティックでした。

お買いものも手作り工房みたいなのが中心になっていて、味があるお店がちらほらとある感じです。

革製品屋さんで、革のベルトと小銭いれを買いました。色がとてもあざやかで、デザインも洗練されていて美しいです。

ベルトは穴が空いてない状態で陳列されています。測ってもらい、穴を開けてもらいます。

革の財布とベルト

カフェもあるので、ちょっと時間があいたときにもいいです。

早い時間のフラメンコショーの1時間くらい前にスペイン村に入場すると、日本の18時頃と違って結構明るいので、明るい時間にも楽しんで、ショーを見た後にも、ライトアップされた、小さなスペインの街並みを歩くのもとてもロマンチックです。

タブラオに入る

アンダルシアの町並み

アンダルシアの白い町並みの細い路地の中にエルタブラオでカルメンあります。

タブラオに入ったら、入ってすぐ右側にあるカウンターのお姉さんに「I have reservation.(アイハブ リザベイション 予約してあります)」と言って、名前を言うだけです。

予約完了メールも一応プリントして持って行きましたが、見せる必要はなく、案内されました。

差別的ではなかった

他のタブラオでは、アジア人はアジア人だけで固められて差別的だったという口コミのタブラオもあるようですが、エルタブラオデカルメンではそのような感じはありませんでした。

食事メニューの人は、到着した順番につめられている感じで、何人だから前とか、横とかいう感じは受けませんでした。

店内

小さなステージがあり、テーブルが何列か縦長に並べられています。

同伴者とは向かい合わせで座ります。

2階席もありますが、多分ドリンクメニューの人かな?

ショーを見る

ショーを見る

4〜5人の音楽担当者がいます。

3〜4人の男女のダンサーが代わる代わる出て情熱的に踊っては戻りしていき、1時間があっというまでした。

ダンスの質は私にはわかりませんが、初心者の私にはフラメンコってこういうものなんだーという感じでした。なんかタンゴとかぶってたかもー的な。


食事内容

食事は次の3つのコースから選びます。

各コースについてのポイントを記載しました。

メニュー
1、Carmen Menu 70 €(フルコース)

フルコースは、1時間のショーを見ながらでは絶対に食べきれません。

テーブルが狭いので食べてないのにウェイターにどんどん下げられていってしまうんです。

大まかにいって、口コミを見ると、フルコースを頼んだ人が口コミの評価が低いという傾向があります。

タパスコースに少し毛が生えた程度のメニューが増えるだけです。

2、Tapas 52 €(タパスの軽食)

コスパなどを考えること、このタパスコースが最適だと思います。

これも、どんどん次が来て食べきれる感じではないのですが、若干残しつつもなんとか1時間で食べれるかな、という感じです。

3、Drink 41 €(ドリンクのみ)

ドリンクのみで41ユーロなら、タパスコースのほうがコスパがいいように思います。

ドリンクコースは席の一番後ろの席か2回の立ち見席になるのではないかと思います。

アリだとは思いますが、少し見づらい席になると思います。

食事内容は、タパスメニューがコスパ的に最適だと思います。

タパスメニュー(52ユーロ)

メニューは公式ページの予約ページの下に書いてあるのですが、翻訳したタパスメニューがこちら↓です。

タパス
  • ガスパチョスープのショット
  • マリネチーズ
  • パンとトマトとイベリコハム
  • ガーリックソースでキノコ
  • アンダルシア風イカ
  • ハエンブラックプディングのミニコロッケ
デザート

カタロニア語クレームブリュレ

飲物

ミネラルウォーター、ハウスワインやサングリア、コーヒー

味はすごくおいしかったとは言いませんが、観光客向けのショー施設の食事としては、スペインを感じられるメニュー構成になっていて悪くないな、という内容でした。

サングリアは1リットルくらいのどでかいピッチャーが来ます。

無難で美味しいです。

食事は急がされる

私は早い時間のショーにしました。

次のショーがあるからなのかもしれませんが、食事はかなり急がされた感じがあります。

狭いテーブルには乗らないくらいの品数がドンドン運ばれてくるので、ドンドン食べないと下げられてしまいます。

食べ終わってなくても、下げられてしまいます。

お皿が大き目にくるから狭いテーブルに乗らないので、自分でドンドンひとつのさらにまとめるようにすれば、こちらも安心、ウェイターさんも安心でしょう。

隣のカルメンコース(フルの食事メニュー)にしていたインド人(見た目で勝手にインド人に決めつけた)は、ほとんど食べきれずに下げられていってました。

フルのコースは狭いテーブルでショーを見ながら満足行くまで食べきるのは不可能です。

タパスコース(52ユーロ)にしてしまうか、ドリンクコース(41ユーロ)にしたほうがいいでしょう。

でも、コスパを考えてしまう貧乏人な私は、タパスコースにしましたが。

ただ、ほんとに出てくるタパスだけでお腹いっぱいになってしまうので、ちゃんとおいしいバルでいろいろ食べたいなという場合は、ドリンクコースにするか、タパスコースにして食べきらないという感じがいいと思います。

このフラメンコのあとは、モンジュイックの噴水ショーを見に行きました!

フラメンコのショー予約を19:00~20:00の早い回にして、スペイン村のロマンチックな夜の街を歩いてから、噴水ショーに向かうというコースが効率的でいいのではないかと思います。

まとめ

全体的によかったと思います。

なにげにフラメンコを楽しんで、スペイン村を楽しんで、噴水も楽しんでというコースが、とてもいいコースでした。

ただ、その後にどこかのバルでタパスも楽しもうと思っていたら、案外お腹いっぱいで、どこにも行けなかったのは嬉しいような悲しいような・・。

関連するコンテンツ

コメント

コメントを残す

この記事と同じ , , に関する記事です。お役に立ちそうなのはどれですか?

広告

気になる単語をサイト内検索できます

この記事と同じカテゴリ: ショー バルセロナ 海外旅行

>> 記事一覧を見る(TOPページ)